スプレーのりを販売するKOBAKOYAの公式HP

サイトマップ

■スプレーのりの基礎■

スプレーのりは、噴射タイプの接着剤です。仮止めや貼ってはがすことが出来る弱い接着力のものから、木や金属などの素材にも使える強力なものまであります。用途も多様で、ポスターの貼りつけや設計図・型紙の仮止め、発泡スチロールやガラス繊維の接着、布やフェルト・金属箔を固定したり、ダクト・吸音工事に使用したりします。

●メリット●

素早く広い範囲に接着剤を塗布できる事です。通常のチューブタイプの接着剤を広い面積に塗るには時間や労力がかかりますし、塗り終わったと思ったたら最初に塗ったところが乾いているなんてことも。大きい面積を塗布するのに向いています。紙や布、写真のような薄くて平らなものを全面接着したい時など、短時間で広い面積に均一に塗布することができます。

●デメリット●

一般的な接着剤は塗布したい場所に塗布できますが、スプレーなので飛び散ります。接着面積が小さいと噴射した接着剤が塗布したい面以外にも塗布されてしまう可能性が高いので気をつけましょう。また飛び散るので段ボール箱をくり抜いたものや新聞紙などを敷いて塗布してください。危険等級Ⅱ・火気厳禁・第四類第一石油類・非水溶性で静電気にはご注意ください。「火気と高温」には注意が必要です。極めて可燃性が高く保管にはご注意ください。

スプレーのりZ-1
詳細へ
クリックで詳細へ
スプレーのりZ-2
詳細へ
クリックで詳細へ
スプレーのりZ-3
詳細へ
クリックで詳細へ
ボンドG17スプレー
詳細へ
クリックで詳細へ

トップへ